フラッグシップ

フランス車が好きです。その中でもシトロエンがお気に入り。特に各時代のフラッグシップモデルに惹かれます。他のどのクルマにも似ていないスタイルとメカニズムが魅力的です。

 

55年に登場した “DS” は超個性的ですね。今見ても古さを感じさせないスタイルは実にグッドデザインで、半世紀以上前のモデルとは思えません。更にメカニズム面でも、エンジン以外の全てを一系統の油圧制御でまかなう “ハイドロニューマティック” という常識破りのもので、足回りにも油圧制御の全輪独立懸架/車高自動調整方式を採用していました。

 

DSの後継車として74年に登場したのが “CX” です。名称はそのボディの空気抵抗係数が極度に低いことに由来し、実際に “CX値=0.3” を誇りました。足回りはDSの経験を生かした “ハイドロニューマティック” の4綸独立懸架で独創的であった反面、エンジンはDSと同じややショボい4気筒OHVで、1985ccと2175ccの2種が搭載され、4速ミッションを介して前輪を駆動していました。

 

90年代目前の89年にCXの後継車として発表されたのが、“XM” です。そのデザインは伊ベルトーネに委ねられ、“CX値=0.28” とトップレベルを誇りました。XMのトピックスは、サスペンションが新たに電子制御の “ハイドラクティブ” に進化したことで、それは4気筒モデルではオプションで、V型6気筒搭載モデルには標準装備でした。

 

シトロエンにとって約16年ぶりにモデルチェンジしたXMの後継モデルが “C6”。一見5ドアファストバックに見えますが、実際はかなり短いトランクリッドを持ったセミノッチバックスタイルの4ドアサルーンです。

 

グローバル化が進み、世界中どのメーカーも似たり寄ったりのモデルが多い中、シヨロエンC6は、ちょっとひと味違うスタイリングとメカニズムで、往年のシトロエンを思い起こさせます。“アヴァンギャルド” という言葉がこれほど似合うクルマはないと思います。


このページの先頭へ戻る